To_AsteroidB216

140文字から溢れるTwitterをやる資格のないひと

企画「世界滅亡前夜それぞれ」の話

・上演時間など特に制限無し。

・個々のタイトルは無し。

・真面目に書いてくれてれば良し。

・ゆうがが一旦目を通してからの作品公開となります。(いたずら防止とかそういうの)

・締切は2017年12月31日とする。

・31日とするけど、これは締切ないと書けないよ~って人のための締切であって締切をすぎてもゆうがが存在する限り受け付ける。(締切後に作品を送る場合はゆうがのアカウントまで一言いただけると気づきやすくなります。宣伝もさせていただきます。)

・でもこの意図をばらしてしまうことで「なんだ、建前上の締切なんだったら守らなくてもいいな」みたいな人が現れそう。

そもそもこんなに開催期間長いと忘れられそう。でも演劇の人たちって一年中忙しそうだし公演や大会や観劇や仕事の合間にちょこちょこ書いてくれればなとか思ったり。

 

書きあがった作品は to_asteroidb216☆yahoo.co.jp(☆→@に変える) まで送ってください。迷惑メールとかが来始めたら普通にキレます。

質問などはゆうが(@To_AsteroidB216)までリプライかDMをお願いします。

 

あれ、他に書くことを思いつかない。

自由すぎないかこの企画。

 

企画の主な目的

『気軽に脚本を書ける企画をしたいな』『初めて脚本を書く機会になればいいな』

上演時間の規定もなく、テーマもなく、物語の共通設定はただ一つ、「世界滅亡」ということだけです。

世界滅亡、の定義も書き手次第です。隕石が落ちてくるのか、大災害が起こるのか、ナントカ文明のカレンダーが途絶えたからなのか、愚かな人類の手によって滅ぶのか、ゲームのリセットボタンが押されたからなのか、猿が襲ってきたからなのか。登場人物たちは世界が滅亡することを知っているのか知らないのか。そもそも本当に明日世界は滅亡するのか。

タイトルの捉え方は自由ですので必ずしも日時が世界滅亡の前夜であるとも限りません。

一人劇でも集団劇でも抽象でも具象でもコメディでもシリアスでも何でもいいです。

そう、企画者が怖いくらいにめちゃくちゃ自由です。正直企画潰れるんじゃないかって怯えてます。

でも、それくらいでいいんじゃないかなと思ってます。

初めての脚本で1時間そこらの物語を書くってとても大変なことだと思います。自分の作品を公開するのは恥ずかしいしハードル高いって人もいらっしゃると思います。

5分でもいいです。自分の好きな、自分が面白いと思う物語を書いてみてください。

恥ずかしいなら作者名は匿名希望でも構いません。(できれば、この企画を「自分の作品が他人の目に触れ、たくさんの評価をいただく」という経験を積むきっかけにしていただきたいのですが、怖いけど匿名なら作品公開する勇気が出るかも……というならぜひ匿名で。)

少し細かい話をしますと、この「世界滅亡前夜それぞれ」という企画の根底にあるのは以前に私が書いた記事『創作における“盛り上がりのための死”はチートっぽいねって話』にあります。

この企画の共通点は世界滅亡、すなわち「突然の死」=チートです。チート使っていいから面白い話書こうよ、ってことです。チートを使うと安っぽくなるって言うなら全員チート使う前提で話書けば楽しいんじゃん? チート使いつついかに安っぽさを出さないかを競うのもオツなもんじゃん? プロアクションリプレイは血も涙もなくあっさりマスターボール999個まで増やしてきやがって少し心が寂しくはなったけど、それでもチートってわくわくしたじゃん?

世界滅亡を前に物語が起こらないわけがないんです。面白コメディも、ラブラブ甘々ラブストーリーも、命の大切さを問う感動モノも、ただの日常も、結局「世界滅亡」という設定がそれなりのアクセントになるんです。世界滅亡というだけで物語が始まる条件は揃っているようなものなので書くハードルも低いかと思います。

更にこの「世界滅亡前夜それぞれ」、もう一つ大きなメリットがありまして。

「この話にはリアリティがない」みたいな感想を弾く無敵のバリアを纏えるんですよ~~~~!!!!!!(キャッキャ)

演劇においてリアリティの有無は確かに重要ですし、「ああ、確かに世界滅亡前夜ってリアルにこんな感じなのかもしれないな」と感じる面白さもあるとは思います。物語の現実味云々の肯定はできますが、否定はしにくいんですよ。だってリアリティも何もないもん。お前リアルに世界滅亡体験したことあんのかよってなるもん。

恐らく、感想としては純粋な面白さ、脚本の基本構造についての評価などをいただける確率が高くなるのではないかと思いますし、何なら「○○に自信がないので重点的に評価をお願いします」くらいハッキリ書いてくださっても構いません。実際の舞台上演を想定して書くもよし、実際の舞台上演を想定して書くことなんてできないけどとりあえず間違いだらけでも脚本を書きあげてみて「実際の舞台上演となる場合の改善点を教えてください」って言うのもよし。(この企画に読み手として参加してくださる方は作者様の要望にできるかぎり応えてくださると幸いです)

これをきっかけに他人からの感想いっぱいもらって成長しちゃおうぜ。他人から見た自分のダメなところを受け止めるのが成長の秘訣だぜ。でも最初から全部受け止めるのは心しんどくなるからちょっとバリアしつつ受け止めてみようぜ。

という、気軽に参加して、気軽に感想もらって、気軽に成長してみようよ! っていう目的。

あともう一つはあれっす。「最初から大まかな設定が決まっている上で自分の作品を一個増やせるのめっちゃラッキーだし、企画に参加することで自分の作品が目に触れやすくなって宣伝にもなるしもしかしたら過去作品も読まれるきっかけになるかもだし参加してみよっかな!」みたいな人がいるかなみたいな。そういう、そういうアレっす。(軽い)

あ、自分の脚本を誰かに使われたいっていう場合は脚本データの中に上演許可連絡先やら各自で載せてください。自分のサイトや別の脚本アップロードサイトに載せたいっていう場合も各自でどうにかしてください。その場合、企画「世界滅亡前夜それぞれ」からは外れますので個別にタイトルをつけたり企画版から改稿したり好きにしてください。企画としての括りの中でたくさんの脚本参加があり、たくさんの交友があり、たくさんの感想が見られれば私はそれで満足です。

 

お分かりかと思いますが人の善意によって支えられる企画です。悪意に満ち満ちたら終わります。泣きます。ダイエット中なのに天一でこってりラーメン頼むくらいには荒れます。

 

最後に、脚本執筆には真剣に取り組んでいただきたいなと思います。気軽に書いてほしいという思いから始まった企画ですが、気軽になってほしいのは脚本を書くときの心持ちと公開する時の踏ん切り。真剣に悩んで、真剣に書いて、自分が面白いと思ったものを送ってください。

皆様のご参加お待ちしております。