To_AsteroidB216

140文字から溢れるTwitterをやる資格のないひと

高校生とセックスの話

先日、ツイッターの方で仲良くしてくださっているかないさん(@fronttotempole)とホセさん(@sail_sail_sail)と「高校演劇における下ネタ」についてツイキャスでお話させていただく機会があった。

【追記】 最後にかないさんが4月になさる公演の紹介させていただくのでぜひ最後まで読んでね! 最悪読まなくていいから最後まで飛ばして紹介だけでも見てね! いやそれは寂しいからやめて!

 

下ネタ系ツイッタラーな私の適当なツイートを素敵なフォロワーさんたちが面白く調理してくれるという生活を送っているので、ツイキャスも普段と変わらないような話ができるのだろうなと思ったが少し違った。

 

事の始まりは私が初めてツイキャスに参加した時まで遡る。

2016年5月。その時の私は下ネタ系ツイッタラーだった。全く成長しないねキミね。

いや、最初は違ったのよ? 最初は凄いツイッタラーが来たな的な流れがあったらしいよ? めっちゃ賢いじゃんコイツみたいな。まあ単純にいえば猫被ってたよね。それはうん、認める。超認める。結局賢そうなことが思いつかなくておっぱいの柔らかさについて語りまくってたら男や童貞に間違えられた。

今も間違えられる。

そんな私の初ツイキャスはかないさんとのコラボ。最後の枠に勇気を出してコラボしに行ったところ私の他にも3人くらいコラボしに行ってて泣いちゃうかと思った。私は3人以上が同時に話すと耐えきれず泡を吹く。

コラボしに行ったくせにコメント欄で「わかる」「本当にそれ」「おもしろい」とかぽちぽち打ってた私にかないさんが「次を本当の最後枠にしてゆうがさんとサシで話しましょうか」と言ってくださった時は口から泡が出ちゃうと思った。何ならちょっと出た。

「アッ、イヤ、エッ、イインスカ?アザス、アザスゥ」とアホ丸出しの返答の後、何を話したかっていうとエロい話だった。おじさんとJKのエロ話キャスだ。

どこからどう見ても需要アリアリなはずなのだけれど、実際話した内容は『膣に陰茎を入れることを「童貞卒業」とみなしてもいいのか』とか『私達がAVから学べること』とかだった。

今までのキャスを楽しんでいた方々もこんな話を聞きたいはずがなく私の家にカッターの刃入り封筒とかを送りつけたかっただろうし、私も送り付けたかった。かないさんがどうにか高校演劇に繋げてくれたため事なきことを得た。今となってはいい思い出だ。

 

高校生とセックスの話はいつするんだよ。全然しないじゃん。もうそろそろ1000文字だよ。

こんなに長々と書いたのにも理由がある。

私は、かないさんとエロい話をしていたとき興奮していた。厳密にいうと“かないさんが「次を本当の最後枠にしてゆうがさんとサシで話しましょうか」と言ってくださった時”から興奮していた。

待って。引かないで。ドン引きたい気持ちもわかるけどちょっと待って。

 

興奮といっても、純粋な、性的な意味を含まない興奮。

「私、いま、エロい話をしてる!」という興奮だった。

 

高校生とセックスのはなし

 

さて、先日のキャス内では「高校演劇においてどうセックスを表現するか」という議題から少し発展し「なぜセックス描写は高校演劇でタブーなのか」という話になった。

高校生は多感だ。多感さにも違いがあって童貞もいればビッチもいるし、コックリングってなんですか? っていう人もいればフードクラッシュものに興奮します! って人もいるし、これから開花する人もいるだろう。

 

どれだけ純粋ぶっても小学校高学年~中学にかけて2回以上は正式に性教育としてセックスについて習っている。

マニアックな単語は知らなくても、隣のクラスの純粋そうなあの子の頭の中にだって「精液」という単語は入ってるわけだ。というか、副教科も捨てず授業を真剣に聞いてる優等生ほど脳みその溝に深く彫られているわけだ。

そう考えるとエロいな。

 

そんな、純粋な子ども達に性への関心を持たせるきっかけのような、コウノトリやキャベツや川の下での拾い子を信じる人へ容赦なく現実を突きつけるような保健体育の授業。

 保健体育の性の授業が許されて、高校演劇のセックス表現が許されないのはなぜか?

 

中学高校の時期は、セックスを少し違う目で見ていると思う。

先ほど述べた私の「興奮」がその一つである。性の話に性的興奮を覚えることもあるが、私は「高校生の自分がエロい話をする」というだけで性的じゃない興奮を覚える。なんでかっていうと高校生が実はエロい話をしちゃいけない存在だからだ。タブーは興奮の鍵。

中高生にとってセックスとはレッテルでありアトラクションであり憧れでありステータスであり汚物でありファンタジーであったはずだ。そうだろう。そうじゃないのか。

でも実際のところセックスは生殖行為であって、性欲快楽だけじゃやってけなくて、妊娠とか責任とかそういうのがついてくる。

そんな、子どもはデキてほしくないけど気持ちいいセックスをしたい高校生が、夢と現実のギャップにまみれた自由に見えて不自由なセックスを舞台で演じるって魅力的だと思う。思うよ。

思うんだけど、現実はつらく厳しい。「観た人が引くから」とかならまだ反論の余地がある。学校的にどうの教育的観点がどうのとか、そういうことを言われる。学校出されたら勝てないわな。

 

あ、「高校演劇においてどうすればセックスを表現できるか」って話なので、学校外で立ち上げた劇団内においてセックス表現をドンドンやっちゃう系高校生(すごい)は除外ね。

 

でも、でもさあ、「観た人が引くから」って、私もわりと保健体育の授業引きましたけどね?

劇より授業の方が視聴者参加型っぽい分もっと悪質だと思う。(え!? 先生この文章を私に読ませるんすか!? えっ!? 陰茎とか書いてありますけど!?)って思うし。出産ビデオとかドン引きの極みだよ。命を授かるとっても大切なビデオだってことは脳で理解しててもどこかしらショックを引きずるよ。

しかし保健体育の授業という立場の上で、あるいは立場の元だからこそ、なにも制限されない。

 

保健体育で教えているのは「生殖行為としてのセックス」、高校演劇においては「快楽としてのセックス」。

保健体育は「授業」、高校演劇は「娯楽」。

この違いが大きいのではないか。

もちろん、生殖行為としてのセックスを表現したい場合もあるだろうが、きっとそれなら表現次第で許されると思う。キャスの中でも「おしべとめしべをくっつける」なんて案があったけれど、それが一番近いと考える。

でもさあ、そんなんを表現したいワケじゃない場合もあるくない!?

「子孫を残したい男女」じゃなくて「ムラムラしてエッチしちゃったカップル」を描きたい時はどうすればいいの!?

そもそも受け取る側で変わるよねえ。保健体育の授業をエロい目で見てた生徒もいるし、高校演劇のセックス表現で学ぶ観客もいるだろう。逆に、保健体育の先生が万が一性的興奮を得ながら授業していたとしても生徒は学ぶだろうし、高校演劇でどれだけ真面目に生殖行為としてのセックスを表現しようと興奮する観客は興奮する。

 

これ、高校演劇を知った時から思ってたんですけど、高校演劇ってややこしくない?

教育的観点とかいうちょっと難しい単語のせいで悩みまくる。

保健体育の授業ってだけで守られやがって。

そんな私がキャス内で提案したセックスの表現方法は「保健の教科書の性教育部分を引用する」「保健の教科書に出てくる単語だけを使う」「舞台上でいきなり性教育の授業を始める」でした。だって保健の教科書がダメってなったら性教育授業の存在ごと否定することになるからね。先生を窮地においやろうね。

あ、ちなみにその案は割といいねって言われました。ありがとう保健体育。

しかしシリアスな場面でのセックス表現についてはいい案が出ないまま終了。私のピンクな頭ではブルーなセックスについて考えきれなかったようで。

キャスの中でこれといった案が出なかったのは申し訳ない気持ちでいっぱいですが、あのキャスがきっかけで高校演劇に携わる皆様の性表現への考えや理解が深くなるきっかけになればいいな、と思います。

 

でもかないさんが「椿の花がぽとりと落ちる」ってセックス表現を提案してたけど「昭和」って一蹴されてたのは面白かったです。

そんなかないさんが公演をなさるそうです! 要チェキ!

ヤツヨシキさん(@yoshikiworks)と演(ヤ)るみたいです。

うーんヤツさんの宣伝ツイートも無断で埋め込んじゃう!(ごめんなさい!)

 ね、宣伝ツイート2つも見たら絶対忘れないでしょ。目ん玉に焼き付けろ。

超アツい。マブい。行くしか。

「コン劇」としてのアカウントは作成なさっていないようですが、かないさんのツイートを遡ればあんな動画こんな動画が見つかるので、少しでも気になったらバイブスで向かいましょう。

 

以上、「高校生とセックスの話」でした。ありがとうございました。